ビールにまつわるエトセトラ

週に何日か、ビールを飲みます。


例えば出張先で。


実はその前に、出張先に向かう移動中にも…。


そして、結局自宅でも…。


最近はコンビニでもスーパーでも手軽に全国のクラフトビールや海外のビールを売っていて、目移りしてしまいます。改めて見てみると、次から次へと色んな種類のビールを買ってますね。移り気なのがバレてしまう。

ちなみにビールは発酵させる酵母の種類によって、エールビール(発酵が進むと酵母が麦汁液面に上がってくる=上面発酵)とラガービール(発酵が進むと酵母が沈んでいく=下面発酵)に分けられます。で、エールビール(ペールエール、スタウト、IPA、ポーターなど)は芳醇で濃厚な味わいと飲み応えがあるのに対し、ラガービール(ピルスナー、シュバルツなど)は喉ごしが良くすっきり爽快でゴクゴク飲めるのが特徴だそうです。

私はどちらかというとエールビールの方が好きなんですが、普通にラガービールも飲んでますね。そう、そこまでのこだわりはなく、結局飲めればどっちでもいいんです(笑)。

さてこちらは、少し前に先輩から頂いた美深白樺ブルワリーのビール。


向かって左から、WHITE LINES(IPA=エールビール)、Wild Sheep Chase(クリームエール=エールビール)、そしてWISH(ラガービール)。私の好きなエールビールメインで、でも敢えて1本だけラガービールを混ぜる、実に絶妙な組み合わせです。「自分の好きなことだけをやっていてはダメだぞ」という先輩の声が聞こえたのは深読みし過ぎ(飲み過ぎ)でしょうか。

そういえば、最近ビールを飲む日が増えています。少し前まではほぼ機会飲酒だったのに、コロナ禍で機会を失った私は、気付けば独りで晩酌することが増えているのでした。こうやってコロナ禍で飲酒量が増えた人、多いそうです。私もこのまま習慣飲酒、そして依存にならないよう気をつけなければ。

ちなみに厚生労働省によれば、日本人成人男性の適切な飲酒量は、1日あたりビール中ビン1本=500mlとのこと。今のところ週に数日、350mlのビール1缶ずつ(時々は2缶)なので、悠々セーフでしょう。な〜んて、油断は禁物なんですが。

で、今回の独り言を読んで、無性にビールが飲みたくなった貴方。いつか一緒にビールのうんちくでも語りながら、お気に入りのビールを飲みたいですね!
でもその時は節度を持って飲みましょう。酒は飲んでも飲まれるな。

タイトルとURLをコピーしました