新人歓迎会を開催しました。

5月15日、旭川医科大学小児科学教室の新人歓迎会を開催しました。

今年度は、

久保田 圭祐 先生
田上 晃弘 先生
田丸 英樹 先生

の3名の先生が、教室の新しい仲間として正式に入会されました。

また、昨年度はコロナ流行の影響で新人歓迎会を開催できなかったため、昨年度に入会された

吉川 朋来 先生
栗澤 未央 ジューン 先生
齊藤 翔真 先生
柴垣 有希 先生
千葉 菜々 先生
若林 伊織 先生

の6名の先生たちも、改めて歓迎会を行いました。

新入会の先生たちは、道内各地の関連病院で勤務されており、当日はコロナ感染対策のためリモートでの参加となりました。

 

大学でも本会場を設け、新入会員の挨拶を見守りました。

 

当日の会場の様子

毎年、新入会の先生による『新人芸』の披露とともに顔を覚えてもらう、この新人歓迎会ですが、今年はWeb開催のため新人芸は行いませんでした。

新人の先生たちが、趣向を凝らしてネタを考え、忙しい勤務の合間を縫って練習し、当日に芸を披露したあとはその年の「審査員」の先生から御講評をいただく…という新人芸。
時には、地方勤務の同期と「リモート」でネタ会議をして、ぶっつけ本番なんていうときもあります。
どこの医局でも(どこの会社でも)恒例行事でしょうか?

Webでの集まりが主流となり、新人芸の復活の兆しはなかなか見えませんが、広い会場での宴会と比べて先生たち一人ひとりの顔がよく見え、また違った良さを感じた歓迎会でした。

 

大学会場とZoomのハイブリッド開催でしたが、現地参加の先生が17名、リモート参加の先生が51名と、大変多くの先生方にご参加頂きました。

お忙しい中ご参加いただきました先生方、誠にありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました