若林伊織先生の論文が、日本小児科学会雑誌に掲載されました。

昨年、感染・免疫・腎臓グループを研修されていた、専攻医の若林伊織先生(現在、広域紋別病院勤務)の論文が、日本小児科学会雑誌に掲載されました!

多数のネオジウム磁石誤飲により多発腸管穿孔を生じた乳児
若林伊織、石羽澤映美、吉田陽一郎、長森恒久、石井大介、宮城久之、平澤雅敏、髙橋 悟
日本小児科学会雑誌. 2022; 126: 1322-1327.

おめでとうございます。以下、論文の要旨です。

玩具として販売される、ネオジム磁石(マグネットボール)セットの多数誤飲で、多発腸管穿孔を来した乳児の経過をまとめ、危険性について注意喚起しています。