長続きしない…

「やっぱり」なのです。この春、私が趣味に決めたはずのスパイスカレー作り、結局その後1回も作っていません。あんなに燃え上がっていたはずのスパイスカレー作りへの情熱はすっかり失せてしまいました。まあでも半世紀近く生きていると、ある程度自分がどんな人間なのかは分かります。そう、熱し易く冷め易い。何度同じような経験を繰り返してきたことか。今更「びっくり」もしなければ「がっかり」もしません。「やっぱり」なだけです。調味料入れの奥に眠るターメリックとカイエンペッパーとコリアンダー、申し訳ない。彼らの賞味期限はいつだったか…。

で、その代わりというわけではありませんが、先日の休日、我が家のジューンベリーの実があまりにもたくさん成っているので、収穫してジャムを作ってみました。


毎年放っておいても大豊作です。豊作過ぎて、家の前の道路や、隣の家の敷地にまで実が落ちてしまい大迷惑です。本当にすみません。


今回の収穫量は約1kg。本当はまだまだ残っていますが、高い所にまで手が届きません。

代わりに我が家のカーポートに住みついてるスズメが食べてくれます。食べるのはいいんだけど、そこでフンはしないでくれ…。

さて、収穫した実はよく洗って、砂糖をまぶして30分ほど置きます。今回は、きび砂糖を使用。だんだん水分が出てきます。ちなみに作り方はネット上に転がっているので、簡単そうなのを選んで適当に。便利な世の中です。

中火にかけてしばらくすると、どんどん水気が出てきます。かき混ぜながら10分ほど煮ます。その後いったん火を止めて、おたまで実を鍋の底や壁に押し付けて潰します。グシュッとした感触がなんとも言えません。しかもちょっと腕が疲れる…。

ある程度潰れたら、さらに弱火で5分。煮ている間もおたまで潰し続けます。アントシアニンとやらの色でしょうか?すごいです。

その後、潰しきれなかった皮や種を取り除くためにザルに移して濾します。

濾し終えたら、ここにレモン半分を絞り入れ、よく混ぜてから少し煮詰めて出来上がり。

それっぽく見えます。味もまあまあ。まあ、ジャム作りで大失敗なんて滅多にないんでしょうけどね。

でもどうせ長続きしなさそうなので、ジャム作りを趣味にしようとは思いません。そもそも今回のジャム作り、私の担当は収穫だけのはずでした。でも調理担当の奥さんが直前に食べたアイスのせいなのかお腹痛くしちゃって、急遽ピンチヒッターで作っただけなんです。しかも自分でジャムそんなに食べないし(笑)。
そして、熱し易く冷め易い性格で心配しているのが、この独り言の企画をちゃんと続けられるのかどうか。今回はネット上に転がっていたジューンベリージャムの作り方のページを、ジャムの作り方だけじゃなくブログ記事まで参考にして(パクって?!)、ちょっと手抜き…。
独り言、「やっぱり」や〜めたってならないようにネタ探し頑張ろう。でも困ったら、次はネットでジューンベリージュースの作り方でも探してネタにするかな。

タイトルとURLをコピーしました