丸くなった?

先日、自動販売機でお茶を買おうとした時のこと。
何度入れても返却口から「カラン」という音と共に100円玉が戻ってきます。皆さんも同じような経験があるんじゃないでしょうか?

よく見るとその100円玉、一歳上の先輩じゃないですか。どうも、お疲れ様です。

若者と並ぶと、その年季の入り具合が際立ってしまいます。 誰か“女優ライト”持ってませんか?

使い込まれたせいか、角が取れて丸くなっていました。オヤジギャグ連発のせいで若者の輪からはじかれるのは自業自得なんでしょうけど、長年こき使われて丸くなったせいで規格外として自動販売機にはじかれてしまう、そんな一歳上の先輩100円玉を見ていると結構切ない。
私自身は、オヤジギャグはもちろんですが、自分のやり方や考え方がもう古くて、今の時代では規格外だった…なんてことにならないように気を付けたいと思っています。もちろん、我々オヤジたちの言ってることの方が正しい場合もあるのかもしれませんが、それでもアンテナ張って今のトレンドや若者たちの考えを知る努力をしなければ、と思うのです。

さて、こちらは逆に、最近少し丸みが取れた竹口先生。

一念発起して約20kgの減量に成功したそうです。

以前の独り言で紹介した、かつての竹口先生の見事な曲線美。写真だと伝わりづらいですが、「どうした、何かあったか!?」っていうぐらいの変貌ぶりです。そういえば最近、彼が医局でおやつを食べる姿を見かけません。ダイエット、頑張ってるんですね。この後リバウンドで丸みが戻らないことを願っています。

で、そんな自分はどうなのかと言うと、

体重は変わらないのに体型は変わったというのは“中年あるある”ですが、今日も家で晩酌です。他人のリバウンドのことをとやかく言えた義理ではありません…。
ちなみにこの日飲んだのは、サッポロ黒ラベル。このロゴマークを見ると、有名なあのキャッチコピーが頭に浮かびます。

「丸くなるな、星になれ。」

人間、大抵の場合、歳を取ると丸くなります。もちろん角が取れて丸くなるのはいいことなんですが、それだけでは物足りないとも思うのです。他人を傷つけない程度にバランスよく尖っていたい。その方が人間的にも魅力的なんじゃないかな。
そして星は、暗闇の中で方角を知らせてくれる道標だったり、不安や苦悩の中でふと夜空を見上げた時の癒しだったり、夢や未来を願う相手だったり、自己主張はしないけれど、遠い空からそっと誰かを見守っている、そんな存在でもありますよね。今日も世界中でたくさんの人々が夜空を見上げながら色々な思いを抱いているに違いない。

大人エレベーターの49階に住む私の最上階が何階なのかは分かりません。でもそこにたどり着く前までに、ひっそり夜空で輝いて、知らないところで時々誰かの役に立っている、そんな存在になっていたい。最近丸くなった下っ腹をさすりながら、しみじみとそう思うのでした。

タイトルとURLをコピーしました