神経グループ

神経グループは髙橋 悟(准教授)、鈴木菜生(非常勤医師)、田中亮介(医員)、竹口 諒(医員)、黒田真実(医員)、赤羽裕一(医員)の6名で構成されております。

診療面では、てんかん、変性疾患、筋疾患など神経筋疾患を有するお子さんの診療を担当し、酵素補充療法やアンチセンス核酸治療など最先端の治療法を積極的に導入しています。
また、脳炎・脳症といった急性疾患の治療から人工呼吸器や経管栄養を必要とする重度障害をお持ちの方々の在宅支援も行っており、自閉スペクトラム症、注意欠如多動症などの発達障害の診療では「子どもの発達診療センター」の心理士と連携しながら進めております。

研究面では、髙橋講師が中心となりレット症候群などの神経発達障害やてんかんの病態解明・治療法開発を目指し、分子生物学的手法を用いながら活発に活動しています。
希少性疾患においては、患者家族会の皆様と連携しながら国内外の研究者との共同研究を進めています。

 

研究テーマ

  • レット症候群、MECP2重複症候群の臨床遺伝学的研究
  • CDKL5欠損症などのてんかん性脳症の病態解明・治療法開発
  • GLUT1欠損症の診断と治療法開発

 

専門医研修施設認定

日本小児神経学会認定小児神経専門医研修施設
日本てんかん学会認定てんかん専門医研修施設

タイトルとURLをコピーしました